クレジットカード現金化への入門

クレジットカード現金化とはなんでしょうか。初めてこの言葉を目にする人は多いことでしょう。カンタンに説明すると、クレジットカードで買い物をした商品を即日に売って現金にする方法です。カードで買った商品が、別のとこへ売られてお金になるイラスト図はイメージしやすいかもしれませんが、さらに詳しくご説明します。
■クレジットカードから現金をつくれるワケ
クレジットカードにはさまざまな機能が付いてきますが、カードの契約をするには審査がありますよね。それは、信用が必要だからです。なんの信用かというと、消費者金融とおなじで、先払いを肩代わりしてもあとで返してもらえるかどうか。この信用を得て与えられるカードの先払い機能を使って買い物ができるわけです。
これをショッピング枠と呼び、限度額までであれば銀行の口座にお金がなくても、もしくは購入金額に足りなくても先払いで買い物ができます。クレジットカード現金化は、この買った商品を転売したり、業者に買い取りしてもらう形で将来手にするであろう現金を先に手に入れる方法のこと。これは、厳密にショッピング枠現金化とも呼ばれています。
■トラブルについて知っておこう
ここまでの説明で、困ったときにすぐお金が手に入って便利、と思うかもしれません。しかし、この方法は安全性で問題があります。クレジットカード会社が現金化を目的としたカード利用を規約違反としてしていることもそうですが、特殊な業者を仲介にする方法のため、トラブルが多いからです。
法律的にはグレーゾーンにあたりますので、悪質な業者に詐欺をやられて被害を受けることも。もしそのようなことがあれば、迷わず弁護士か警察に相談しましょう。ただし、ショッピング枠現金化しようとしていたとクレジットカード会社に知れれば、利用停止される場合も。将来的にも良くない経歴が残ってしまいますので、ご注意ください。
■ショッピング枠現金化の落とし穴
クレジットカード現金化は、即日に現金を受けとれる便利な方法であると同時に、トラブルも覚悟しなければいけないグレーゾーンであると覚えておきましょう。その落とし穴に落ちてしまわないようしっかりと知識を身につけてください。

クレジット現金化はいわゆる借金であることのデメリット

クレジットカード現金化は、いま手元にない現金をほぼ即日に手に入れることのできる方法ですが、これはいわゆる借金です。いずれは返済しなければいけません。入金されてよろこんでいるばかりでは、その先の返済に苦労することになるでしょう。デメリットも知って、いざというときに賢く利用してください。
■将来、返済する前提で手数料込みの借金
せっぱつまったときにいまがダメだと未来がないから、先に投資する方法ととらえれば聞こえは良いですが、借金だと考えるとマイナスですね。でも、クレジットカード現金化をした時点ではたしかにマイナスなのは間違いありません。審査を経て信用を築き、契約を結んでカードをつくり、ショッピング枠という機能の中で融資を受けるわけですから。
入金されたお金をどう使って将来を明るくするかはその人次第ですが、計画的に返済していきましょう。方法は、クレジットカード会社からの請求に対してきちんと払っていくだけです。もちろん限度額までしか利用できませんし、換金率は80パーセントほどと低いために希望どおりにはいかないかもしれません。手数料を取られてしまいますので、利息がないから消費者金融よりマシともいえません。
■逆算で把握する悩みの価値
ショッピング枠現金化を利用したいとおもう人は、いますぐ必要なお金がないからしかたなく、という理由が多いでしょうか。しかし、逆に考えてみてください。一ヶ月先や数ヶ月先には手に入るであろうと予定する現金を、いくらか目減りしてでも即日に入金する方法で、どれだけの問題が解決するでしょうか。消費者金融とちがって、利息だけ払って完済期限を引き伸ばすことはできません。
クレジットカードの支払いを手に入れるために街金などに融資を受けていては、それこそ意味がないどころかマイナスです。まずは落ち着いて、ショッピング枠現金化で解決される範囲の悩みなのかを吟味し、リスクもよく考えてだいじょうぶそうなら利用してください。
■計画的でないとクレジットカードが利用停止に
クレジットカード現金化はクレジットカード会社の利用規約において、禁止されています。最悪の場合、利用停止されてしまうことでしょう。問題が大きくなったうえに借金まで増やしてしまわないよう気をつけてください。

【参考サイト】クレジットカード現金化は『即日マネー.net』で決まり!